2016/09/27

[埼玉] 巾着田で彼岸花と朝鮮散歩 16.09.27



 伊勢原日向で彼岸花を見たら、
 なんとなく火に油。
 導火線に火がついて、巾着田にゴーなわけです。


巾着田 彼岸花




 早朝自宅発。
 高速道路が混まないうちに・・・。

 なんとか、渋滞に巻き込まれずにやって来ました巾着田。
 日本有数の彼岸花の群生地です。


 毎年恒例。
 やっぱりここのこれ・・・見たくなりますよ。



巾着田の彼岸花

 8世紀、高句麗からの渡来人が高麗川の流れを利用して開墾を行い稲作を伝えた地。

 その高麗川の河川敷に日本最大の彼岸花群生地が。
 そこが巾着田。
 高麗川の歪曲が巾着の形をしているから名づけられたとも。

 高句麗からの渡来人の歴史と、うら寂しい彼岸花っていうのがイメージの中にシンクロする。


巾着田 彼岸花




巾着田 彼岸花




巾着田 彼岸花





 赤の絨毯。
 レッドカーペットというとなんだか華やかな感じだけれども、
 どこか寂しい巾着田。


巾着田 彼岸花




 これだけの赤、赤、赤。
 そういえば少しくすんだ赤は半島カラーなんだよなぁ。



巾着田 彼岸花




巾着田 彼岸花




 これだけの彼岸花を他で見たことがない。
 だから毎年訪れる。


巾着田 彼岸花




巾着田 彼岸花




 もう今年は良いんじゃないかと、毎年思うんだけれども。
 道端に咲く彼岸花を見かけると、やっぱり行きたくなるんだよなぁ。

 彼岸花は背が高くかつ、秋だから台風の影響を受けたりすると途端に倒れてしまって。
 日照りが続くと枯れちゃうし。
 シーズンを合わせるのも大変なんだけれども。


巾着田 彼岸花




巾着田 彼岸花




 今年は良かったとか、去年のほうが良かったとか。
 そんなことを思うのも、毎年来ているからこそなんだよなぁ。


巾着田 彼岸花




 今年の彼岸花は少し来るのが遅めだった。
 台風の影響も受けて少し倒れ気味だし。


巾着田 彼岸花




巾着田 彼岸花




 それでも他を圧するこの群生。
 ひなびた伊勢原日向の彼岸花とは少し違った彼岸花。


巾着田 彼岸花




巾着田 彼岸花




 今年も堪能させてもらいました。


巾着田 彼岸花






朝鮮王の高麗神社

 埼玉の日向の巾着田は朝鮮からの渡来人が開拓した土地。


高麗神社 朝鮮王




高麗神社 朝鮮王




 巾着田には唐・新羅に滅ぼされて亡命してきた高句麗王族の悲しい歴史が詰まっています。


高麗神社 朝鮮王




高麗神社 朝鮮王




 そんな高句麗王、高麗若光を祀った神社が高麗神社。


高麗神社 朝鮮王




高麗神社 朝鮮王





 もともとは高麗家があった場所で今も神社の裏にはその住宅が残されている。


高麗神社 朝鮮王




高麗神社 朝鮮王




 神社はあくまで日本風なんだけれどもどこか半島の雰囲気が漂う。


高麗神社 朝鮮王




高麗神社 朝鮮王




 こんな山の中で隠れるようにひっそりと暮らしていた渡来の人たち。
 半島からの水田農業を伝えたとも言われている。
 渡来といえば今も昔も家庭教師だったのだろうか?


高麗神社 朝鮮王




高麗神社 朝鮮王




 国を追われた人たちと匿った日本。


高麗神社 朝鮮王




 今も大切に伝えているところがいいですね。




聖天院 勝楽寺には朝鮮王の墓

 高麗神社のすぐ近くにあるのが聖天院。
 高麗家の菩提寺だそうです。
 高麗神社とセットで参拝してこそ・・・かな?


聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺




 丘陵斜面に建てられた伽藍は壮大です。
 見上げるだけで嫌になる。


聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺




 夏の盛りだったら参拝は避けたくなるけど、今はもう秋。
 そこは渋々参拝です。




聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺




 いやまず、山門横の高麗王廟から見ていかないと。
 石柱の堂宇が囲う作り。
 高貴な雰囲気が漂います。
 高麗王廟の筆は金 鍾泌元韓国大統領のもの。
 金大中といったほうが記憶にあるかな。


聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺




 立派な山門の奥の石段を登って境内へ。
 もうなんで平地に作らないと愚痴りたいほどの境内。


聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺




 でも、高台から巾着田、高麗郡が一望でき、渡来王の気分に浸れる。


聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺




 巨大な総欅造りの本堂は2000年の完成だとか。
 それにしてはなかなかきれいです。


聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺




 境内の奥には整備された公園になっていて、慰霊碑だとか石像だとかが置かれている。
 日本と半島の歴史は近現代になると憎しみの歴史に変わってしまうのが残念。


聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺




 高麗王の話は悲しくも切ないんだけれども、パゴダ公園や抗日運動や八角亭とかになると日本人としてちょっと眉間にしわが寄る。
 仕方がないことなんだけれども、ちょっとね。


聖天院 勝楽寺




聖天院 勝楽寺





 とまぁ、空前絶後の彼岸花の群生地は日本と朝鮮半島都の悲しい歴史のあだ花なのかも。
 そう思って眺める彼岸花の赤い色はすごいなぁの一言では片付けられないものを感じるのです。








コメント

非公開コメント