2014/08/23

スナップ寅さん 富士宮の富士山世界遺産巡り 14.08.23


140823_043937_1_G1X_富士山本宮浅間大社

 ここのところ続けている富士山の世界遺産巡り。
 今日は念願の早朝富士宮、浅間大社へ参拝!
 その後、もろもろ回ってみました。





早朝浅間大社で代謝を上げる

 駿河国一宮、富士山本宮浅間大社。
 全国の浅間神社の総本山で富士山世界遺産の構成遺産。
 奥社は富士山頂!ちょっとそこまでは参れません。


 開門前の浅間大社の駐車場に到着。
 富士山の周りに点在する浅間神社は富士山信仰と相まって修験道場の様相があり、ちょっとおどろおどろしい感じがしたりもするんですが、流石に浅間大社はそんな感じはしないですね。
 そりゃ、駿河国一宮でご近所さんは七五三だなんだと訪れるわけで、修行の地ってのとはわけが違うんでしょう。
 もっとも奥社は富士山頂。本気になったらかなり凄そうです。

富士宮 浅間大社の写真



 開門前の浅間大社は厳かです。
 ライトアップっていうのとはちょっと違うんでしょうが、いい具合にライトに照らされて。
 それが、どう私凄いでしょ的な雰囲気。一宮で大社。富士山信仰の浅間大社の頂点。当然といえば当然なのでしょうが。

富士宮 浅間大社の写真



 開門前からご近所の散歩の人が結構訪れるんです。
 当然のように門前で一礼して当たり前のように去っていく。
 毎日のことなのだろうけれども。愛されていますね。

富士宮 浅間大社の写真



 富士山を敬うのは日本人にとっては当たり前のこと。
 晴れた日の街角から富士山が顔を出したりしたらなんだか幸せな気持ちになるもの。
 浅間大社は大々的にそんな富士山を祀るわけで、愛されて当然とは思いますが。


富士宮 浅間大社の写真



 浅間大社、社殿の造営は徳川家康によるものだそうで、本殿、拝殿、楼門は当時のものなのだとか。
 歴史が違いますね。
 独特な形の本殿は重要文化財で浅間造りと呼ばれているのだとか。

富士宮 浅間大社の写真


富士宮 浅間大社の写真



 開門後、厳かに参拝。
 その後、折角なので湧玉池へ。
 富士山からの湧き水がこんこんと湧き出る池は早朝ということもあり特別な空間。
 富士山の伏流水ですからねぇ。ありがたいに決まっています。

富士宮 浅間大社の写真





人穴富士講遺跡は若干のおどろおどろしさ

富士宮 人穴富士講遺跡の写真



 浅間大社から朝食を済ませて人穴富士講遺跡へ。
 当然こちらも世界遺産の構成遺産。

富士宮 人穴富士講遺跡の写真



 人穴とは、富士山の噴火でできた溶岩洞穴。
 この穴は江ノ島まで続いているというのは・・・伝説だろうなぁ。

富士宮 人穴富士講遺跡の写真



 ここは、角行という江戸時代の富士講の開祖が修行を行い、浅間大菩薩の啓示を得て、入滅した場所。
 江戸時代の話ですからねぇ。ろくすっぽ人権が確立していない頃なので、修行だってタダ事じゃなかったはず。
 なんでも、四寸五分の角材の上に爪立ちして千日の苦行を実践したというので、話半分だとしても大したもの(笑)。
 江戸の疫病退治も行ったらしいので、力はまるっきり嘘ってことではないんだろうけれども。
 その結果富士講は大流行して、富士山信仰は今に至っているわけなのですから。

富士宮 人穴富士講遺跡の写真



 そんな、ただでもおどろおどろしい人穴は、早朝ということもあって怖いくらい。
 ここで悪いやつに殺されて穴に埋められたら当分発見されることは困難。
 ディズニーアニメなら、絶対に悪いやつが隠れていそうな場所。
 誰も見ていないし、盗賊の隠れ家としてはちょうど良さそう。時代が時代ならだけれども。

富士宮 人穴富士講遺跡の写真



 石塔が怖いんですよ。
 鈍感なオイラでも感じるこのおどろおどろしさ。昔の敏感な人達にとっては近づきがたかったろうなぁ。
 そんなところで千日修行したと言われると・・・話半分だとしても・・・やっぱり敬っちゃいますよ。

富士宮 人穴富士講遺跡の写真



 これでも、世界遺産登録に際してだいぶ整備されて健全風にはなっているのですが。



白糸の滝、音止めの滝

 オドロオドロしい人穴の後は滝見物。
 富士山から枠伏流水が断層、断崖によって滝になる場所。。
 マイナスイオンを浴びに行きます。

 音止めの滝と白糸の滝。
 すぐ近くに並んだ2つの滝は富士山麓を代表する瀑布です。
 どちらも日本の滝百選に選ばれるほどです。


 まずは音止めの滝から。
 幹線道路からすぐのところに爆音を上げる音止めの滝。

富士宮 音止めの滝の写真



 水量豊富なこの滝は曽我兄弟仇討伝説の中に登場します。
 そもそも名前の由来は、曽我兄弟が仇討のために密議をしていたが滝の轟音で話が聞き取れない。
 そこで神に念じたところ、たちどころに滝の音がやんだという伝説。
 この後、曽我兄弟は宿敵工藤祐経を打ち本懐を遂げています。
 これを日本三大仇討の一つ渡渉するんだけれども、最近の人にはわからないだろうなぁ。

富士宮 音止めの滝の写真



 会話が聞こえないはちょっと言いすぎだけれども、この日の滝も水量豊富。
 本当に会話が聞き取れなかったのなら、別な場所に行けばいいのに、滝の音が止めって念じちゃうのってちょと図々しい話。
 そもそも、曽我兄弟が密議をするまえはなんと呼ばれていたのか?・・・ま、いいんだけれども。
 滝のエネルギーはちょっと怖いほど。
 富士の修験者も流石にこの滝で修行をしようとは思わなかったみたいなのは、きっとマジで命がやばいと思ったからでしょう。

富士宮 音止めの滝の写真



 滝は観光ルートから眺めるだけで滝壺までは降りられないのが残念。

富士宮 音止めの滝の写真



 それでもこれだけの迫力を感じる。
 滝から感じるエネルギーって何なんだろう?
 凄すぎです。

富士宮 音止めの滝の写真



 まだまだ朝早い時間帯。
 観光客の人も少なめ。
 おかげでマイナスイオン独り占めです。

富士宮 音止めの滝の写真





140823_085802_G1X_白糸の滝

 音止めの滝から、こちらは滝壺まで降りられる白糸の滝へ。
 かなりの断崖を滝壺まで階段で降りる。結構クタクタです。

富士宮 白糸の滝の写真



 各地にある白糸の滝、ここと軽井沢はトップメジャーってことでいいかな?
 軽井沢に比べて、水量が豊富。
 白糸と言うよりは、ロープか綱かッて感じの滝。
 そりゃ富士山の伏流水ですから、水量が豊富に決まってますが。

富士宮 白糸の滝の写真



 でもおかげで白糸の滝っていう女性らしい名称が不似合いな感じ。
 まぁ、そういう名前を付けたくなるのもわからないわけではないですが。
 軽井沢の滝が純粋に女性なら、こちらはオカマ?骨太な白糸です。
 比較さえしなければそれでいいんだろうけれども。

富士宮 白糸の滝の写真


富士宮 白糸の滝の写真



 この辺りの駐車場、自分は200円のところに止めたんだけれども、周囲の相場は300円位みたい。
 一番近いところは500円。
 なんだか観光地の悪いところが見え隠れ。
 純粋に、曽我兄弟の敵討ちや白糸の滝の清らかさに酔いたいだけなのに経済っていうものを思い知らされる。
 観光地・・・なんだよね。結局。



曽我八幡で墓参り

 富士山の浅間神社とも、世界遺産とも関係ないんだけれども、音止めの滝を眺めたら折角なので近くの曽我八幡へ。
 ここには、先程も話しに出た曽我兄弟の墓がある。

富士宮 曽我八幡の写真



 日本三大仇討の一つ曽我兄弟の仇討なんだけれども、他の2つっていうのが赤穂浪士の仇討と荒木又右衛門の仇討。
 他の2つが江戸時代の話なのに対して、曽我兄弟の話は鎌倉時代の初期も初期。源頼朝を巻き込んでの話。
 仇討といえば武士の嗜みの一つだと思うんだけれども、鎌倉時代室町時代と長い歴史の間中、トップスリーに入るような仇討は行われなかったってことなのか?
 まぁ、すべては歌舞伎や浄瑠璃などの話の上で有名になったもの。なかなか成功する仇討っていうのも少なかったのかもしれないし、サラリと話になりやすい仇討っていうのも少なかったのかもしれない。勧善懲悪でないと成り立たないだろうし。
 ただ、他の2つの仇討の話に比べて、曽我兄弟の苦労のほどは比べ物にならないと思います。お涙頂戴には持って来いです。

富士宮 曽我八幡の写真



 というわけで曽我八幡。
 曽我八幡宮は、1197年に曾我兄弟の孝心に感心した源頼朝が、畠山重忠を遣わし御祭神の応神天皇とともに、曾我祐成と曾我時致の2人の英霊を祀らせたのが始まり。

富士宮 曽我八幡の写真



 しかし、ピンクです。
 雰囲気はちょっと霊的でいいんだけれども、ピンクって・・・ねぇ。

 そして、曽我八幡宮から200mくらい離れた高台に曽我兄弟の墓が。
 こちらはもう素晴らしいの一言。

 鎌倉時代の初頭から今に至るまで祀られた兄弟。
 苦労がかなったは、これにて十分かもしれない。
 曽我の名称は今も残って、梅林として名を馳せていますから。

富士宮 曽我八幡の写真



 現在は若い人にとって曽我兄弟・・・それなに?ジャニーズ?くらいの扱いになりつつある。
 テレビのドラマで取り上げるとか、小説のねたになるとか、もう少しマスコミに顔を出すようにしないと、忘れられた存在になってしまいそう。

 でも、あまり観光地化してしまうのも考えもののような気がする。
 忘れられてしまうのなら、それもまた致し方ないのかも。
 無理は禁物だろうから。


 そんな感じの早朝の象徴的な富士宮でした。





 フレームが動かない場合はこちらから







コメント

非公開コメント