2016/08/15

[東京都] 日本のいちばん長い日 2016年の終戦の日 16.08.15


終戦記念日



 今年もこの日がやってきました。
 2016年、日本のいちばん長い日です。






まずは、靖国神社から

 ここの所恒例になっている日本のいちばん長い日めぐり。
 終戦記念日という、まるで勝った側のような名前のついた日に訪れる帝都東京。
 まずは九段の靖国神社から。



終戦記念日 靖国神社



終戦記念日 靖国神社



終戦記念日 靖国神社




 黒船来航以降の国事に殉じた軍人、軍属を英霊として祀る神社。
 その性質からどうもきな臭い政治臭が漂う。それも全て東京裁判のA級戦犯を合祀したため。
 A級戦犯云々は別にしても、やらせた側も英霊なのか?やっぱり釈然としない。
 それでも死ねばここに祀られると騙されほだされ国のために散っていった人たちに対しては、やっぱり頭を下げるべきでして、そういうつもりも込めて毎年参っているわけなのです。そして、再び集団催眠にかからないよう戒めのためにも・・・・。

 始発の電車も動かないので、横浜から車で早朝5時に到着。
 参拝は6時からなのでまだ神門も開かない時間。
 薄暗い中に建つ巨大な鳥居はやっぱり何か普通の神社とは異なる感じ。

 たかだかと祀られた大村益次郎も今日は少し背筋を伸ばしているようにも見える。



終戦記念日 靖国神社



終戦記念日 靖国神社



終戦記念日 靖国神社




 やがて神門の前が慌ただしくなる。
 開門の時間が近づいている。

 いつもの年ならきちんと整列していたと思うんだけれども、なんとなくバラバラな感じ。
 日本がだんだんこうなっているなぁと変になっとっく。
 右の本格派エースみたいなところがこんなんでいいのだろうか?


終戦記念日 靖国神社




 開門後参拝。
 は、ここでは割愛。
 まぁ、個人のことですし。他の人もいることだし・・・。




千鳥ヶ淵へ

 靖国神社から目と鼻の先の千鳥ヶ淵へ。
 桜の季節なら別天地なんだけれども、今日は戦没者墓苑。



終戦記念日 千鳥ヶ淵戦没者墓苑



終戦記念日 千鳥ヶ淵戦没者墓苑




 わりと左の方々の集会の地といって良いのかな?
 靖国と違い宗教色は薄いです。
 いわば左の変則派。



終戦記念日 千鳥ヶ淵戦没者墓苑



終戦記念日 千鳥ヶ淵戦没者墓苑




 第二次大戦時に外国で死亡した軍人軍属民間人のうち、身元不明や引き取り手のない遺骨を安置している。
 最後は靖国の英霊に・・・みたいな感じではなく戦後に作られたものだという所が大きな違いか。



終戦記念日 千鳥ヶ淵戦没者墓苑




 でも、海外で亡くなったとしても、軍人は結局靖国に祀られていることになるんだろう。
 誰が決めたか知らないけれども。
 祀られてみたら隣に東条が居たってことになると、ケリの一つも入れたくなりそう。




明治神宮

 靖国神社、千鳥ヶ淵からの明治神宮。
 ホントは間にホープ軒で腹ごなしっていうのが有るんだけれども、あえて触れません(笑)

 この流れも毎年恒例の行事。


終戦記念日 明治神宮



終戦記念日 明治神宮




 明治神宮は当然ながら明治天皇を祀った神社。


終戦記念日 明治神宮



終戦記念日 明治神宮




 結局負け知らずの明治天皇は敗戦の日をどう受け止めるだろうか?
 そんなことを考えながらの参拝。


終戦記念日 明治神宮



終戦記念日 明治神宮




 明治神宮では粛々といつも通りに時間が流れていました。



終戦記念日 明治神宮



終戦記念日 明治神宮




 そうそう、明治神宮の巨大な鳥居を建て替えるみたい。
 今、建て替えるのは、南玉垣(たまがき)鳥居(第三鳥居)。
 大正九年の建立らしいので、流石に老朽化か。
 境内では八基中四番目の大きさなのだとか。


終戦記念日 明治神宮



終戦記念日 明治神宮




 国産のヒノキ材での建て替えだとか。
 大正期には台湾ヒノキだったらしいが、それって植民地の頃なのだろう?


終戦記念日 明治神宮



終戦記念日 明治神宮




 2020年には明治神宮も鎮座100年になるらしく、第一鳥居も建て替え計画中だとか。
 木材をどこから調達するのだろうか?
 だんだん、そういうのも厳しい時代になってきているんだろうな。
 コンクリートってわけにも行かないだろうし。




多摩御陵、武蔵野御陵


 明治神宮の後は、多摩御陵、武蔵野陵へ。
 こちらは、大正天皇と昭和天皇が眠る所。

 ヤンキーが多い印象の八王子としては静かな佇まいです。



終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵



終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵



終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵




 敗戦、終戦記念日って言うことなんだけれども特別何も儀式はないみたい。


終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵



終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵



終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵




 責任者出てこいとか、まぁ、あえてそこは触れないのが大人ってものなのだろうか?


終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵



終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵



終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵




 昭和天皇が崩御された1月7日には行事が有るらしいが。


終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵




 今上天皇の在位の話もいろいろで、今代替わりしたら、戦争や昭和もまた一代遠くなってしまうんだなぁ。


終戦記念日 多摩御陵、武蔵野御陵




 暗い日本に戻らなければいいけれども、
 今のようなノーテンキなままでいいとも思えない。
 と、最近強く思うのです。



 年に一日くらい、過去と将来の日本を思うっていうのも国民の一人としては悪くないかも・・・と続けているのです。



今日の移動






コメント

非公開コメント