2016/07/30

[諏訪] 諏訪散歩 16.07.30


諏訪大社上社前宮



 明野のひまわり見物に訪れたついでの諏訪散歩。
 立ったばかりの御柱のご利益にあやからなければ。







 明野のひまわりを見た後は諏訪散歩。
 諏訪湖に諏訪大社、温泉。もう観光立国の信州にあってひときわ光る諏訪の地を散歩しようという計画。
 立ったばかりの御柱も見どころです。
 それに、今日は土用の丑。諏訪湖は鰻も名物ですから。



諏訪大社上社前宮


 諏訪大社をめぐるならやっぱりここから。
 諏訪大社上社前宮。

 諏訪にある諏訪大社は四社。
 諏訪大社の上社、下社に二社づつの配置。
 信濃の国一宮にして官幣大社。

 伝説では、出雲の国譲りに反対した大国主の命の次男建御名方神が国譲りを迫る天照大御神の使者、武甕槌命に相撲を挑んで完敗。諏訪の地まで逃げてきたのが始まりと言われている。
 相撲に負けたことになっているけれども、真実は大戦争だっただろうことは容易に想像できる。
 詳しいことは神話の世界を出ないんだけれども、諏訪という地から出る出土品などから、外的文化の影響を強く受けているのは事実。
 信州のこんな山間の地に、古代の歴史を垣間見れる。
 なんだか雄大な話です。



諏訪大社上社前宮




 そんな諏訪大社の上社前宮は諏訪の祭祀の発祥の地。
 前宮というのは今の本宮の前の宮であったことの意とされている。

 諏訪大社の三社が諏訪市にあるのに対して、前宮のみが茅野市という現代の行政区分は関係ないとしても、前宮の神社の様式はいかにも古い感じ。

 他の三社は出来上がった感があるんだけれども、前宮のどこか荒い感じが時代のふるさを匂わせます。


 三社のうち前宮だけが急な石段の上に建っているっていうのもそんな感じ。
 急な石段の上まで御柱を引き上げるのは大変だろうなぁ。



諏訪大社上社前宮



諏訪大社上社前宮




 しかし、まごうこと無いこの神秘感。
 流石、前宮とは言え諏訪大社。
 諏訪大社の社の中では、この雰囲気の前宮がいちばん好きだったりするのです。



諏訪大社上社前宮




 建御名方の故事から諏訪大社は鹿島神宮、香取神社とともに軍神とされている。

 恋愛成就とかパワースポットとか昨今の流行りから距離をおいているところも好感が持てる。
 きっと戦前、戦中までは大人気だったろうが。

 今も、受験とかスポーツとか、戦い関係にはご利益ありです。




諏訪大社上社本宮


 茅野市の前宮から諏訪市の本宮は目と鼻の先。

 前宮に比べ様式が整っているというか、ちゃんとしているというか・・・。
 神社としての格式を感じます。



諏訪大社上社本宮




 とりあえず、表参道の駐車場に車を停めて。
 歩くことしばし。表参道の鳥居が姿を表します。

 森の中に凛と立つようなシュチュエーション。
 これも一つの演出なんだろうなぁ。



諏訪大社上社本宮




 表参道側から参拝すると、重要文化財の布橋をわたることになります。

 古くは大祝のみが渡ることが出来た布橋。そのときには布がひかれたそうだけれども、平民代表の私が渡るため今日は布引きは無しです。

 いやぁ、それでもこの静けさ。
 消失点の作り方。
 見事です。



諏訪大社上社本宮




 ここを渡ることで自然と特別な領域へ入っていく感じ。
 背筋が伸びるんですよねぇ。

 板間から見れる風景がまた特別。
 ご神木が次々と現れて消えていく。
 その光景は、昔の映画を見せられているよう。

 そして、いざ、パワースポット。



諏訪大社上社本宮



諏訪大社上社本宮




 諏訪大社上社本宮の拝殿は板塀にぐるりと囲まれてます。

 堀重門を入って参拝所へ。

 先程まで朝のお勤めをしていた斎庭は人気も少なく。

 巫女さんが掃除などをしている。

 朝の光が眩しい。


 諏訪大社は、幣拝殿と片拝殿のみで本殿を持たない諏訪造りという独持の様式。
 まぁ、大概拝殿に拝むわけでその奥に本殿があるかどうかを気にすることって無いとは思うけれども。



諏訪大社上社本宮



諏訪大社上社本宮




 参拝の後は御柱などを見ながらの境内散策。

 立てられたばかりの御柱は美しい。

 神楽殿や勅願殿など見どころ満載。

 午前中ということで参拝客も少なめ。
 観光という面では、諏訪大社は下社のほうが参りやすいからかな?
 格付け的には、上社だと思うんだけれども。




休憩、中休み、おぎのやと高島城と土用の丑の日


 諏訪大社上社を回って休憩。

 というわけで、インター近くのドライブインへ。


おぎのや




 おぎのやは釜飯で有名なあの企業。

 釜飯をいただくでも良かったんだけれども、食堂のショーケースで見つけた諏訪祭ラーメンというのに一目惚れ。
 これも何かの縁だというわけで頂きました!

 そんなおぎのやの諏訪祭ラーメン。
 詳しい模様はこちらから!
 「おぎのやのドライブインで諏訪祭ラーメン」



 この後、うなぎを食べるつもりまんまんなのに、ついつい食べてしまう。
 まぁ、人生そんなもんだ。



諏訪市 高島城




 で、ついでのついでに高島城見物。
 本当は鰻屋開店までの時間調整。

 諏訪氏の居城高島城。
 この諏訪氏の一族が上社の大祝を司るわけですが、今回は武将側の話。
 でも、諏訪大社が戦の神様だとするのなら、宮司一族の武将諏訪氏が今ひとつぱっとしないのは・・・!?

 最終的には諏訪の地を追われ高遠に移った諏訪氏だが、それでも諏訪御料人が信玄との間に勝頼を生むのは運命のいたずら。
 結局武田家とともに没落した諏訪氏だが、諏訪頼忠が旧領を回復し諏訪氏を再興。関ヶ原の戦いにより高島藩に封じられたそう。
 以降、諏訪氏は大名家と大祝とに別れて今を迎える・・・だそうです。


 大名家としての諏訪氏は、江戸時代以降可もなく不可もなくみたいな感じで明治維新以降は子爵となったみたい。
 大祝としての諏訪氏は江戸時代まで。明治以降は神社本庁から神主が派遣されるようになったそうで、現在は神職には携わっていないのだとか。
 なんだかうまいことしそこねたって感じ。出雲みたいになれなかったところにしくじった感が拭えません。



諏訪市 高島城



諏訪市 高島城




 そんな高島城。
 諏訪の浮き城として有名だったそうだけれども、江戸時代の諏訪湖の干拓ですっかり陸の城に。
 まぁ、平和な時代だからどうでもいいんだけれども、じゃ、浮城時代はなにか武勇が有るかというと???
 浮いてようが浮いてまいが、城としての機能的にはどうでも良かったってことみたいです。


 高島城の真横の駐車場に車を停めていざ登城。
 駐車場が無料なのはありがたい限り。

 本丸を囲む堀をぐるりと回り込んで、冠木門にかかる冠木橋を渡ります。
 渡った先が本丸跡。

 まぁ、本丸跡の建物は明治維新に破却され、今あるものは昭和になってからのコンクリート復興。
 大概の地方の城と同じ運命なわけですね。

 本丸内は結構人だかりになっていてどうしたことかと思ったらポケモンGoなわけですよ。
 近隣の若者が、唯一の観光地である高島城に来て一心不乱に下を向いてのポケモン状態。

 諏訪氏も泣くぜといったところか。



諏訪市 高島城




 本丸跡には大概の城跡がそうであるように護國神社が建てられている。
 護国神社は、長野には松本に一つ有るのだが、諏訪の地にも必要だったのだろうか?
 この辺の地域の難しい話は、観光客にはよくわからないので・・・。


 鉄筋コンクリート造の天守閣も300円払うと入場できるのだけれども今日はパス。
 時間が許しません。



諏訪市 高島城




 チョー久しぶりに来た高島城。
 変わってませんね。
 変わってたのはポケモンな若者。
 ここくらいしかポケモンの出そうなところがないのはわかるけれども。
 なにもこんなところで・・・。

 あずさで新宿までくれば、何ヶ月分のポケモンがあっといいうまに見つかりそうだけれども。
 金の掛からない田舎の若者の楽しみを笑うつもりはないけれども。



諏訪市 うな藤




 高島城を後にして、諏訪湖畔のうな藤という鰻屋でランチ。
 今日は土用の丑の日だったのです(笑)

 そんなうな藤での鰻実食の模様はこちらから。
 「諏訪湖畔で食べた土用のうなぎ うな藤」




諏訪大社下社秋宮


 飯も食ったし再び諏訪大社巡りです。

 午後は下社。
 ただ、諏訪大社の下社二社ってよく似ていて特徴を出すのが難しい・・・。
 上社みたいに前宮、本宮って格付けになっていると回る方も気持ちの入れ具合が予定できるのだが・・・。
 でも、城下町の下諏訪は中山道、甲州街道の宿場町としてもさかえ温泉も楽しめる。
 神様としてはこちらのほうが心地よさそう。



諏訪大社下社秋宮



諏訪大社下社秋宮




 というわけで、まずは秋宮から参拝です。

 境内脇の駐車場に車を停めて。
 こちらも無料。諏訪の街は車に関して寛大です。


諏訪大社下社秋宮



諏訪大社下社秋宮




 境内は青銅製では日本一の狛犬が見張りを努めて。
 日本一は良いけれども、青銅製に固定する辺り、ちょっとなぁ。
 もっとも、青銅製の狛犬をあまり見かけないので、その意味では世界にひとつだけの・・・なのかもしれない。


諏訪大社下社秋宮



諏訪大社下社秋宮




 その奥には三方切妻造りの神楽殿。
 こちらもデカイです。立派です。重要文化財で江戸時代のものです。
 こんな立派な作りだと、中で神楽をされても外からなかなか見えないのでは?
 神様に奉納するためで見世物じゃねぇ。っていう意味なら良いんだけれども。



諏訪大社下社秋宮




 神楽殿の奥が幣拝殿。
 これは、拝殿と幣殿が一体になったもので二重楼門造り。重要文化財です。
 本殿がないのは諏訪大社の特徴ですね。
 上社の場合は御神山で神は山に宿っているんだけれども、下社の場合は御神木。神は神木に宿っています。
 そういう意味では御柱っていうのも納得します。


諏訪大社下社秋宮




 境内には沢山の人が参っている。
 下社は駅からも近くバスも頻繁に出ているので自家用車のない旅の人も参りやすい。
 まして、宿場町だったわけだし。


諏訪大社下社秋宮




 でも、きちんと整備されすぎていて、上社の前宮ほどの粗さはないし本宮程の古代感もないのが残念。
 立派な神社だなぁっていう感想だけが口から漏れます。




諏訪大社下社春宮


 秋宮から春宮へ移動。
 っていっても、車なら大した距離ではない。
 徒歩でも旧街道を歩けば結構楽しく移動ができることはすでに経験済みです。

 諏訪大社春宮は下馬橋脇の駐車場へ。
 こちらも無料で停め放題。



諏訪大社下社秋宮




 春宮の参道にある下馬橋は室町時代のもので下社では最古の建物なのだとか。
 昔はここで馬を降りて橋を渡って参拝したそうで。現在は遷座祭において神輿が渡るのだそう。

 遷座祭っていうのは、下社の春宮と秋宮の間を半年ごとにご神体が移動する祭り。
 春宮からは8月1日に柴舟に乗せて遷座するので御船祭りと呼ばれています。
 秋宮からは2月1日に遷座される。

 つまり、明後日が御船祭の日ってことはさっき参った秋宮には御神体がなかったってことになる(笑)



諏訪大社下社秋宮



160730_142541_Lux_諏訪大社下社春宮


 下馬橋を見物。その後は参道へ。

 境内には御船祭の柴舟が準備万端ビニールシートをかけられて置かれている。


諏訪大社下社秋宮



諏訪大社下社秋宮




 春宮も様式的には秋宮と同様なので、こちらはあまり見ていて面白いものではない。
 面白いかどうかで参拝をするものじゃないけれども。

 神楽殿を見て幣拝殿を見て。
 お参りして、御柱を見て・・・。
 することは春秋同様です。



諏訪大社下社秋宮



諏訪大社下社秋宮




 境内の雰囲気は明後日の御船祭の準備で浮足立っている感じ。
 でも、明後日からは2月まで御神体がお留守に。
 春と秋宮を一緒に回るのなら良いが、駅から近いから春宮だけみたいな参拝をする人にとっては、重要な情報だと思うんだけれども。思いの外そういう儀式があることって知られていない。



諏訪大社下社秋宮



諏訪大社下社秋宮




 春宮が秋宮と決定的に違うのは万治の石仏の存在。
 春宮の奥、ちょっと離れたところにある石仏はどことなくジオング風。
 足なんて石仏にとっては用のないものか。


諏訪大社下社秋宮 万治の石仏




 どことなくとぼけた感じの石仏。
 何年か前に首が伸びるとか顔の向きが変わるとか言われていたけれども、最近はあまり聞かない。飽きたのかな?


諏訪大社下社秋宮 万治の石仏




 この石仏の回りとぐるぐる回って願いをかけると叶うという伝説らしいんだけれども、この面構えの仏様にそんな力があるとも思いづらい。
 まぁ、ぐるりも大した距離じゃないので回りながら願い事を整理するのは良いことかもね。
 叶うとか叶わないとかって、結局自分の努力次第ですから(笑)


諏訪大社下社秋宮




 清流に囲まれた春宮。
 マイナスイオンだけは充実していること間違いなしです。


諏訪大社下社秋宮







諏訪氏の菩提寺、温泉寺参拝

 諏訪大社の参拝を終え、温泉街にある温泉寺へ。
 温泉寺と行っても、下呂のでもなく、先日行った城崎のでもなく、日光湯元のでもなく、河口湖のものでもなく、諏訪の・・・。

 有名所の温泉寺ほどメジャーではないけれども、諏訪の温泉寺はご領主諏訪氏の菩提寺。
 高島城から、薬医門、三門、能舞台が移築されるなど、手厚い保護の下にあったみたいです。



諏訪市 温泉寺



諏訪市 温泉寺




 小高い丘の上に立つ温泉寺。
 山門から諏訪の街や諏訪湖が一望。
 この眺めは高島城よりも良いのでは?

 お殿様も、お城からここまで通うのが楽しかっただろうなぁ。


諏訪市 温泉寺



諏訪市 温泉寺




 そんな諏訪氏のお墓は本堂裏右手の坂を上がった所。
 もっと眺めが良くなります。
 一般の墓地が左手からなので、ここでがくんと人気がなくなります。
 そうそう、和泉式部の墓もあるんだけれども・・・それ・・・だれ?



諏訪市 温泉寺



諏訪市 温泉寺




 ただ、流石諏訪氏歴代の墓は重い雰囲気。


諏訪市 温泉寺




 高島藩は三万石程度の小藩だけれど歴史ある諏訪氏。
 灯籠の数がただ事じゃない。


諏訪市 温泉寺




 苔むした石塔が並ぶ歴代藩主の墓はなかなか見ごたえがありです。
 ここで、江戸時代中この地を治めていたんだから大したもの。


諏訪市 温泉寺




 これだけの物があるのに参拝の人はまったく居ない。
 もったいないなぁ。




最後に片倉館でひとっ風呂

 最後にクタクタの一日の汗を流すために片倉館へ。
 片倉館はシルクエンペラー片倉財閥の厚生社交施設として建設されたもの。

 今は日帰り温泉の千人風呂で有名です。



諏訪市 片倉館




 湯船が深くて立って入るという変わった風呂はなんとも時代がかった重要文化財の建物の中。

 日帰り入浴650円は財布に優しい料金設定。

 ここで汗を流して横浜まで戻ることと致します。



諏訪市 片倉館




 うーん、昼に食べた鰻が効いていて風呂上がりに何も食べることが出来ないのが残念。

 諏訪の周りでもうひとグルメくらいに思っていたのになぁ。

 ひまわりから、諏訪神社。
 今日も一日充実したものになりました。





諏訪での移動






コメント

非公開コメント