2016/07/17

[兵庫] 二泊三日の但馬の旅 最終日 16.07.17


豊岡市 植村直己冒険館



 但馬の旅も最終日。
 今日は神戸に戻ります。







但馬の総社 気多神社


豊岡パークホテル




 豊岡から神戸に。
 道路行政の悪さは来るときにかなり困りましたが、今度はそれを戻らないといけない。

 若干気が重いですが、円山川沿いを車で走っていると、たゆたゆと流れる大河にぽっこりとした山の連なり。
 どこか日本の原風景に癒やされます。

 この光景も今日で見納めだと思うと残念でなりません。


 今日の最初の目的地は気多神社。
 但馬国の総社に当たります。

 総社というのは、そもそも国司の手抜きに寄るもの。
 本来は治める国の神社にちゃんと回ってお参りしなければならないものを、めんどくさいから総社に集めて一気にお参りしたことにしちゃおうというものが成り立ち。
 明らかな国司の手抜きにそうじゃ、そうじゃと律令時代の民衆の声が聞こえてきそう。
 いつの時代も、ドンみたいなやつがいて、自分たちのいいようにルールを変えるまで行かない程度に変更する輩がいるんだよなぁ。



豊岡市 気多神社



豊岡市 気多神社




 そんな但馬国の総社は豊岡市日高町に鎮座しています。
 気多神社というのは能登国の一宮。地域的に関係の深さを感じますね。
 但馬の国分寺も国分尼寺も豊岡市日高町。このあたりが律令時代の但馬の国の中心だったんでしょうね。



豊岡市 気多神社




 社殿は円山川沿いの、土手を下ったところにあります。
 こんなところに昔からあったのなら、天災による被害は大変だったんじゃないだろうか?

 円山川の土手から下るように参道が設置されている。
 土手を降りてすぐの鳥居をくぐって境内。

 拝殿は川に向いて立っている感じです。



豊岡市 気多神社




 境内には土俵が。
 地域の文化が伺われます。

 拝殿は小さいけれどもなかなかの趣。

 境内には総社ということで、境内社が5社鎮座していました。



豊岡市 気多神社




 午前中の中途半端な時間だからか、参拝の人は誰もいなかった。

 観光の参拝者にはちょうどよかったが、ちょっと寂しすぎる気もしないではない。


豊岡市 気多神社




 散歩の人も来ないなんて、近所の人達はどうしているんだろうか?




植村直己冒険館


豊岡市 植村直己冒険館




 今日の最大の目的というか、但馬に来た最大の目的は植村直己冒険館の見学!

 植村直己のファンなんです。



豊岡市 植村直己冒険館




 流石にエベレストに登頂したときのことは記憶に無いけれども、
 北極点・グリーンランドの単独犬ぞり探検には子供心にワクワクさせてもらった。


 その後のエベレストの失敗、南極大陸の失敗などもあり、ちょっと影がさす時期もあったけれども、
 野外学校の設立などを語るときの彼はキラキラしていたなぁ。
 もっとも、野外学校というものにかよう日本人の子供の姿なんて想像できなかったけれども。


豊岡市 植村直己冒険館




 最終的に冬期マッキンリーで消息を絶って・・・。

 遺体は未発見だからなんとも言えないけれども、冒険を現実に見せてもらっていたんだよなぁ。
 彼は死なないと思いこんでいたのかもしれない。



豊岡市 植村直己冒険館




 そんな植村直己の記念館が故郷の豊岡市日高町の植村直己記念スポーツ公園の中に有ります。
 もう、必死の植村直己押しがひしひしと伝わってくる。
 何しろ郷土の国民栄誉賞受賞者ですから。



豊岡市 植村直己冒険館



豊岡市 植村直己冒険館




 記念館の設計は栗生明。日本建築学会賞受賞で公共建築百選の一つ。
 でも、この深く切れ込んだスロープがクレパスをイメージしていますという説明には違和感。
 それ、植村直己の遺族や友人が聞いたらがっくりだろうなぁ。
 植村直己はマッキンリーのクレパスに落ちたという事になっているんだから。


 展示自体は、彼の冒険の足跡を追うもの。
 見ごたえはあるけれども、人間味が浮かんで来づらいのが残念。

 クレパスの底の展示だと、こちらが思い込んでいるからいけないのかな?



豊岡市 植村直己冒険館




 建物は美しい、庭園も美しい。
 但馬の風土に似合っているかは別にして。


豊岡市 植村直己冒険館




 とりあえず国民栄誉賞受賞者の記念館。
 なかなかのものです。


豊岡市 植村直己冒険館







生野銀山

 植村直己からの生野銀山。
 神戸への帰り道なもので。



朝来市 生野銀山




 生野の銀山の歴史は室町時代にさかのぼる。
 但馬守守護職・山名祐豊が銀石を掘り出したのが起源。
 一時は日本最大の銀鉱脈を誇り、信長、秀吉の直轄を経て徳川の時代へ。
 吉宗の頃に最盛期を迎えた銀の採掘量は後は下り坂。


朝来市 生野銀山




 明治元年に官営鉱山となり、明治29年に三菱合資会社に払い下げ。
 三菱の経営で国内有数の大鉱山として復活したが、昭和48年に閉山。
 今は観光施設として銀山の歴史を伝えています。

 まぁ、室町時代からの鉱山採掘。
 総延長は350Kmにも及ぶのだとか。

 間違いなく日本の文明開化を支えた鉱山だろうに、佐渡や石見、別子や足尾ほどメジャーじゃない気がするんだけれども。
 歴史への登場回数が少ないって言うことは、大事故も起こさず、わりと平穏な採掘だったということなのだろうか?



朝来市 生野銀山




 NHKの朝ドラ「あさが来た」で一躍脚光を浴びた五代友厚も生野銀山にはひとカミしていたのだとか。
 そこを押しても今ひとつインパクトなし・・・。


朝来市 生野銀山




 今となっては当時を伝えるテーマパークが残るのみ。
 日本の近代遺産。


朝来市 生野銀山




 この日もそこそこの人が訪れてはいたけれども、大混雑には程遠い状況。

 これだといずれまたテーマーパークとしても閉鎖という憂き目似合いそうな感じ。
 居住地域を活性化させて、もう少し人を呼ぶような施策が打てないものだろうか?

 関東の観光客が心配するようなことじゃないけれども。




神戸の夜景で今日は終了


神戸市 1000万ドルの夜景




 神戸に戻り、お世話になっていた?神戸の波止場の写真学校に立ち寄り、夜の神戸の夜景見物に繰り出す。
 1000万ドルの夜景を観賞。


神戸市 1000万ドルの夜景




 100万ドルだ、1000万ドルだと、どうして夜景はドル換算なんだろうと疑問に思う。
 果たして1ドルいくらのレートでの話なのだろうか?


神戸市 1000万ドルの夜景




 どうでもいいけれども(笑)







コメント

非公開コメント