2014/09/20

スナップ寅さん 両国散歩 14.09.20

両国あたり写真散歩の写真


 フレームマンに額装の依頼に来た両国。
 時間があるので少し街を散策してみました。



 両国といえば国技館でしょうか?
 国技館ってオイラの世代的には蔵前という話もあるのだけれども。


両国あたり写真散歩の写真



 両国、国技館のある街はどこか和モダン。
 ちょうど場所中ということもあり、街の人、観光の人、相撲取り・・・入り乱れた感じがいかにもと言った感じ。

両国あたり写真散歩の写真



 街は駅を挟んで二分されている。
 国技館のある側とない側・・・と言ってしまうとつまらない。
 国技館のある側と吉良邸がある側というと聞こえが良いか?

両国あたり写真散歩の写真



 両国という名前だから、そもそもここは武蔵と下総の国境だったところ。
 当時は隅田川が国境だったわけです。

両国あたり写真散歩の写真



 元禄、普段の傲慢がたたってかやらかしてしまった吉良上野介が屋敷変えになりこの地に引っ越した時には、この辺りは場末の地と言われていた。
 江戸の人口の増加を緩和するために幕府は隅田川を境としていた武蔵と下総を江戸川へと移動させた急増地。
 いわゆる新興住宅地。

両国あたり写真散歩の写真



 流石にそんなころの建物は太平洋戦争の空襲の影響もあって残っては居ないが、江戸とも下総ともつかない土地柄は、今も何となく感じることができる気がするのです。
 高いビルが少ない。昔ながらの商店街もさほど感じない。
 隅田川の向こうの神田、日本橋あたりとはやっぱり違うこの空気感。

両国あたり写真散歩の写真


両国あたり写真散歩の写真



 でも、人としては暮らしやすそう。
 個人的には隅田川のあちら側よりもこち側の方があいそうな気がする。

両国あたり写真散歩の写真


両国あたり写真散歩の写真



 まごうことないお相撲さんの街。
 ちょっと薄めの(笑)いい空気感を感じます。

両国あたり写真散歩の写真


コメント

非公開コメント