2014/09/15

スナップ寅さん 六本木からの赤坂散歩 14.09.15

赤坂氷川神社の写真



 新国立美術館の二科展を鑑賞して、氷川神社の例大祭へと顔を出しました。



 新国立美術館の二科展を鑑賞。
 二科展の写真はグラフ系。見応えあり。
 いつかチャレンジしたい科目ではあります。

新国立美術館の写真



 それよりも、久しぶりの新国立美術館はその美しさに圧倒させられる。
 アールの美しさ。贅沢な空間設計。
 黒川紀章の真骨頂。

新国立美術館の写真



 この空間の一部でいることの心地よさ。
 建築家の頭のなかってどうなっているんだろう?
 凄いとしか言いようが無い。


富士フィルムスクエアの写真



 新国立から富士フィルムスクエアーの中井精也のゆる鉄写真へ。
 まぁ、いつもの中井節。
 とでもいいますか。悪くはないですが。


 六本木を歩いて久国神社へ。
 六本木の街なかに鎮座する神社は独特な雰囲気。

 土地単価では他を圧するはずだろうけれども、ちょっと神社と言うにはコンパクトかな?

久国神社の写真



 歴史は古く、元は江戸城内にあったものを太田道灌が築城の際に溜池に遷座せたのだとか。
 その時に太田道灌から久国作の名刀を賜ったのが名前の由来。
 名刀は非公開。果たしてほんとうにあるのかないのかは?

 拝殿の額は勝海舟の筆に寄るもの。
 歴史を感じますね。

久国神社の写真



 紆余曲折の上、寛保元年(1741)に現在の場所に遷座。
 溜池のままだったら、今頃なくなっていたかも。
 それも神の思し召しですが。


 アメリカ大使館沿いに赤穂浪士でお馴染み南部坂を登って赤坂氷川神社へ。
 今日は赤坂氷川神社の例大祭なんです。

赤坂氷川神社の写真



 赤坂の大都会にこれだけの緑があるって・・・凄いことです。

赤坂氷川神社の写真



 境内は元々南部家や浅野家の屋敷があったところ。
 元は赤坂四丁目のあたりにあったものが、亨保15年(1730年)に吉宗の命により今の場所に移されたのだとか。
 現在の社殿はこの時に造営されたものだそうです。

赤坂氷川神社の写真



 続々というほどではないけれども、参拝客は耐えません。
 境内には屋台が並んでお祭り気分。

赤坂氷川神社の写真



 こちらも、たこ焼き買ったり鮎焼きかったり・・・。

 お祭りはどこもやっぱり楽しいですね。


赤坂の写真



 氷川神社から赤坂まで歩いて本日の散歩は終了。


 六本木から赤坂まで。
 都会の路地を散策。
 こういう東京もいいものです。



コメント

非公開コメント